資格取得への道

鍼灸師の資格を使用した仕事

資格取得への道

【人気記事】はり師ときゅう師両方の勉強が必要

自然治癒力を引き出す「鍼灸師」

自然治癒力を引き出す「鍼灸師」

鍼灸師とは

鍼灸治療を受けたことがあるという人はいますでしょうか。鍼灸とは中国で確立された東洋医学であり、日本でも古来から馴染みのある治療方法です。そしてこの鍼灸という方法を用いて体の悩み・健康を管理するのが鍼灸師です。それではこの鍼灸師という資格を用いてすることが出来る仕事、また年収などについてもご紹介します。

鍼灸師の需要

鍼灸師は鍼や灸と呼ばれる道具を使用して人の身体が本来持っている自然治癒の能力を高めていきます。様々な疾患を抱える方に効果があるとされており、神経や消化器系などに働きかけて自然治癒の力を引き出していきます。
もともと自然治癒力の高い若い世代というよりも、その力が衰えてきた高齢者に人気が高く、需要があります。また、高齢者は手術をすること自体が難しい場合や投薬することが難しいといった状態にもなりがちです。高齢化社会がますます進む日本では鍼灸師の需要は高まっていくことが予想されます。また、美容業界においても近年は鍼灸に関心が集まっており、ダイエットやむくみの解消などの主に女性に対する需要も高まっています。

鍼灸師の働き方

鍼灸師はこれまで鍼灸治療院で働くことが一般的でしたが近年では働き方が多岐に渡っており、エステなどで活躍したりスポーツトレーナーとして活躍するなどの働き方があります。主に、鍼灸治療院で働く場合には患者さんの症状を聞き、引き出したい自然治癒力を活発化させるように治療します。スポーツトレーナーや美容関係で働く場合にはお客さんの目指す姿に近づくよう、鍼や灸、そして東洋医学を用いて施術を行います。

鍼灸師の資格

鍼灸師という資格は実は存在していません。はり師ときゅう師という2つの国家資格を所持している人を鍼灸師と呼んでいるだけで、資格の名前ではありません。ただ、この2つの国家資格を同時に取得する人がとても多いため、わかりやすくするように鍼灸師と呼ばれています。
はり師は細いステンレス製の針を使用してツボを刺激するために必要な資格です。きゅう師は火をつけたもぐさを使用してツボを刺激するために必要な資格です。そしてこの療法を合わせた施術を行うのが鍼灸師です。現在の日本では鍼灸治療を行えるのは鍼灸師と医師のみです。

気になる年収

鍼灸師の年収の特徴として、振れ幅が大きいことがあげられます。振れ幅が大きいということは、稼いでいる鍼灸師とあまり稼いでいない鍼灸師に分かれているといえます。これには2つの理由があり、1つに開業して働いている場合と従業員として働いている場合があるためです。もちろん開業して成功すれば年収は高いですし、従業員ではなかなか開業している人ほど稼ぐことは難しいです。2つ目に歩合制の存在です。経験を積んだ腕によって自分の給与が変動することがあります。鍼灸院の従業員として働く場合には月収おおよそ18万円ほどといわれています。

2016.09.21

よく読まれている記事はこちら!

資格取得までの道のり
薬学部卒業資格は必須

薬剤師になるために、まずは資格取得に必要な6年制と4年制の大学の違いを知りましょう。

詳しくはこちら