資格取得への道

介護福祉士の資格があれば様々な就職先を選べる

資格取得への道

【人気記事】開業権が与えられる鍼灸師

様々な形態の施設で勤務可能な介護福祉士

様々な形態の施設で勤務可能な介護福祉士

介護福祉士の就職先

介護福祉士の資格を有している人の就職先は様々です。多くの介護施設が想定され、特別養護老人ホームやデイサービス、グループホームといった施設があります。介護福祉士の様々な就職先をみていきましょう。

施設形態が特別養護老人ホーム、介護老人保健施設・訪問介護など多種多様にありますので、働く職場の施設形態にもよって違いますし、ヘルパー、ケアマネなどの職種によっても大きく変わります。

参考:カイゴワーカー

  • 自分の持っている資格で探すなら

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは心身いずれかに著しい障害を持っている介護の必要があると判定された人が利用する施設です。施設に入所している方の身の回りの世話や入浴といった身体介護を行います。宿泊施設なので夜も誰かがいなければならないので夜勤がある就職先です。様々な病気を抱えている高齢者の介護にあたるため、多様な介護知識が求められます。それに伴って自身のスキルアップにつながりやすい就職先ともいえます。また、入所している方の特徴から、職員が多く研修制度が整っている環境であるケースがほとんどです。この点も介護士としての成長が見込めます。
仕事の面では体力的にハードで、多くの利用者を介護するため忙しいので緻密な介護が難しいという面もあります。

デイサービス

高齢者に対しての身体介護に始まり、リハビリや家族の方との相談、介護指導などを行う施設です。日帰りで施設を利用する高齢者の方へレクリエーションを用意したり、身体介助、そして自宅から施設間の送迎を行います。特別養護老人ホームとは違い、宿泊施設ではないため夜勤が存在しません。そして勤務時間も割と短いケースが多いので、時間に制約がかかることの多い主婦の方に人気があります。

きらケアでは日々の生活リズムを大切にしたい方向けの仕事についての情報が豊富に掲載されています。また、非公開求人の紹介や手厚いサポートも受けられます。

参考:きらケア

  • 自分の持っている資格で探すなら

グループホーム

グループホームはスタッフの援助を受けながら認知症の方を対象に一般の住宅で生活を送る施設です。 主に要支援2または要介護度1~5と認定を受けている高齢者が対象になります。食事・洗濯・生活リハビリを職員と入居者が一緒に行っていきます。居場所や役割を持つことで、認知症の進行を和らげていきます。規模が小さいので利用者との距離が近く、細かいケアができることが特徴です。利用者1人1人と密に関わってケアをしたいと考えている人にはおすすめの就職先です。

訪問介護

訪問介護は、高齢者の家に訪問し、介護や生活のサポートします。仕事内容は、生活援助、身体介護、通院等乗降介助と大きく分けて3つです。掃除や洗濯といった家事や、買い出しの代行、排泄介助、入浴介助など、実際に高齢者に触れて行う介護も行います。時には体の大きい男性の身体介助を行う事もあるので、筋力や体力が必要になることもあります。幅広い年齢層でも就職でき、経験を積みながら、スキルアップのために資格取得をすれば、サービス提供責任者のお仕事をすることも可能になります。

病院

介護福祉士は介護施設や事業所で働くイメージが強いですが、医療施設も就職先の1つです。医療施設では看護師がついていたり、理学療法士がついていたりと、周りとの連携が求められるケースが多くあります。具体的な仕事内容ですが、患者の身の回りのお世話や、看護師の補助業務を行います。身体の自由が利かない方も多いため、そういった人には食事や入浴、排泄、移動などの介助業務を行うこともあります。また、看護師のサポート業務も重要な業務です。介護以外のスキルアップを図ることを考えている方には魅力を感じる就職先といえます。

2016.10.21

よく読まれている記事はこちら!

資格取得までの道のり
薬学部卒業資格は必須

薬剤師になるために、まずは資格取得に必要な6年制と4年制の大学の違いを知りましょう。

詳しくはこちら